ぼっち道研究所

パートナーとも分かち合って暮らしていける「ぼっち」の道を探求する為の研究所。メインのテーマは、お金と健康。尚、現在所員一人で地味に活動中。twitterは@gingeraleapple

取り敢えず、絞る必要はある~ポイントカード~

お手軽に作れるしあった方がお得かなと思って(思わされて?)、ついつい作ってしまう。で、持って来るのを忘れてポイントを付け損なうと嫌だから(後付け不可もある!)、財布は何時もパンパン・・・

 

思い立って、ポイントカード類を整理整頓してみました。

 

一線から退いて頂いたポイントカードの特徴。

 

<1>100円で1ポイントのポイント残が、500ポイント以上無いとポイントが使えない。

<2>有効期間やポイント利用可能期限が短い。

<3>カードを忘れたら最後、ポイント後付け不可!!

<4>そのお店(チェーン系含む)でしか使えない。

<5>一定のポイントが溜まると商品限定・期限付割引券をくれる。

 

<1>は論外。

 

<2>は、地元の美容院やパン屋など、全国チェーン展開よりローカルなお店に見られがちな傾向。スタンプ・カード式で、最終利用日から一年以上経ったら無効が多し。

自分もしくはパートナーが転勤の多いような人は、初めから作るべからず。

 

<3>も論外でしょう。後付け可能な所でも期限が一週間~一か月以内。そのポイントだけ付けて貰うのも悪いような気がして、ついつい「ついで買い」をしがちになるんですよね。向こうは「買わせるプロ」ですから。

 

<4>本屋チェーン系と家電量販店系のは、あまりお勧めはしませんね。

本屋は電子書籍の普及等もあって、ここ十年位で結構立地条件もいいのに中規模位までの本屋が身近で続々撤退していますしね。

家電量販店は、家電がそもそも単価が安くない物ですし、一度買ったら富裕層以外は壊れない限りはそんなに買い換えないと思うんですよね。なので、あまり割が良くないかな、と。

 

<5>こちらが欲しいタイミングで、欲しい商品の割引券をそこそこ長めの期限でくれるんなら、有難いサービスです(笑)

 

そんなこんなで、私の財布に現在第一線級で常駐しているポイントカードは、ドラッグチェーン系の福太郎Tポイントカードです。

 

福太郎は、昨年以降<1>のシステムから「1ポイントから使える」システムに変わって、第一線に返り咲きました。おめでとう! 

もう一つ迷うまでもなく第一線に残したのが、Tポイントカードです。薬系以外の物の購入を中心に、実は今一番普段使いしているポイントカードかも知れません。使える所が多いんですよね。コンビニ・スーパー・本屋・家電量販店・チェーン系レストラン・・・自宅から自転車で行ける家電量販店エディオンでも昨年辺りから使えるようになっていたのを知ってから、<2>の家電量販店系のカードの出番が減りました。溜まったポイントは、数か月に一度コンタクトレンズを購入する時にまとめて使っています。

 

もしもあなたの財布がポイントカードでパンパンで整理整頓したくなったら、上記のポイントから絞り込んでみるといいかも知れません。

取り敢えず、一旦第一線から退いてお休み頂く。生活や仕事の環境が変わった時に、そのポイントカードのシステムが変わった時に、また第一線での出番が来るかも知れませんし。(私は実際そうなりましたし)。

そこには路線バスも走っているか?

お墓というのは、一度購入したら人生でもそうそう短期間では買い換えないであろう大きな買い物の一つだと思います。
既に購入済みの方々がそのお墓を購入された理由は、様々でしょう。が。もしもこれからという場合、故人の強い希望でほぼ選択の余地なく決まっているというような場合以外は、交通手段のより多い方を選んでおく事をお勧めします。それも、「乗り継いでても公共の交通手段」です。


交通の便が良くない霊園の場合、その最寄り駅との間に無料送迎バスを出している所もそこそこあるようです。
ただ、それも言わばサービスでやってくれているものですから、お盆期間は臨時便を出すけど普段は土曜日のみ等、よく確認した方がいい条件がついている事も。また、人手不足や投資対効果の観点から何時サービス提供が打ち切られるかわからない部分もあります。その時に自身が免許も返納していたりすると、免許持ちの家族や知人に送り迎えを依頼するか、タクシー利用しか手段がなくなります。かたやそれなりに気を遣い、かたやバス利用の倍以上の金銭的負担です。


最近のバスは本当に便利で快適になりました。交通系ICカードが料金精算に使えるようになったのは、大きい。バスが停まっている間に混んでいる車内を移動して両替、の手間が省けます。
我が家は、同居の母も私も車の運転をしません。なので、お墓参りの時は何時も自宅最寄駅前のバス停~某ターミナル駅前のバス停~お墓近くのバス停までバスを乗り継いでいきます。自宅最寄駅前~某ターミナル駅前までの便は一時間に一本程と多くはありませんが、時間を合わせるのにも慣れましたね。某ターミナル駅~お墓近くのバス停までは2ルートあって本数の多い方に乗る事が多いですが。
運転が出来る人(我が家では別居の弟のみ)の都合と合わせなくても、
思い立ったらバスを乗り継いで安く行けるのは助かります。


今は若く健康で活動的で運動能力や反射神経に問題がなくても、それが何時までも続くとは限らない。路線バスを制する者が老後の充実ライフも制する。
お墓に限らず「大物」に投資する際には、例え初期投資は割高となったとしても、その事をチラと思い出してみる事をお勧めします。


実は今自宅の住み替え計画を建てていますが、その地域の路線バスの便がどれ位充実しているかは今後のシニアライフを考えていく上では外せない、重要なポイントとなっています。

はじめまして&改めまして

はじめまして。

・・・まあ、以前もこちらで記事を投稿してはいたのですが。
気分一新とテーマを絞りたいという思いから再スタートを切る事にしました。

こちらのブログで取り上げていきたいメインのテーマはズバリ、お金と健康です。

どちらもとても大事ですよね。そこそこのお金と心身の健康さえあれば大概の問題は解決するし、何処でもどうにかやっていけると思っています。
裏を返せば、この二つ疎かにすると、何処で何をやっても辛くなる。
でも、苦労する人も少なくはないポイント。

この二つのポイントについてをメインに、あまりブレないように、投稿を続けていきたいと思っております。